歯を抜かない取り外し式装置による歯科矯正(SH療法)

お口の健康は全身の健康につながります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHTAブログ

SH療法ホームページを見るには
ここをクリックしてください


まったく新しい

取り外し式の歯列矯正法
 

SH療法(顎拡大療法)

『歯並びを良くしよう・・・』を
              
あきらめていませんでしたか?
 
スライデックス(SlideX)付き顎拡大装置とは
どのようなものか解ります↓ 

SHTAの説明(SH療法とは)  
  
―SH療法装置の特徴―
寝るとき装置を入れて、人に知られずに治せる
周りの人も気付かず、いつの間にか治っている
・・・このような治療法です。

 

SH療法で以下のような報告があります。

★ 顎関節症(あごの病気)の改善
★ 睡眠時無呼吸症の予防、改善と治療の可能性
★ むし歯・歯周病の予防
★ 肩こり、鼻づまり、頭痛、発音障害改善
★ 歯並びが悪いための心理的影響の改善
              ・・・など

 

・・・・・・・・Q&A・・・・・・・・
SH療法を始める時期は?
 子供の場合は8歳前後、上顎前歯4本が生え揃った時期から始めるのが良いと思われます。
 
大人ではだめですか?
 大人でも可能です。年齢は関係ありません。装置を入れることが可能ならば年齢を問いません。
 
永久歯は抜きますか?
 歯を抜いて並ぶ場所を作るのではなく、顎を広げて(成長させて)場所を作りますので、原則として歯は抜きません。
 
痛くありませんか?
 SH療法では薬事法で認可を受けたスライデックスと言う特別な付属物を使用して口腔内を拡大して治療を進めていきます。そのため従来のスクリューによる拡大と違い、大人でも痛みが少ない治療が可能になってきました。
スライデックス1  スライデックス2
 スライデックス付きのSH装置       スライデックスの拡大写真
 
歯磨きは?
 SH療法は取り外し式装置で治療を行います。そのため、装置を外して歯磨きができるため虫歯や歯周病等になりにくいと言えます。治療期間中はフッ素洗口をお勧めします。
 
どのように来院するの
 原則として始めの内は月に1回位です。慣れてきたら、経過によっては2~3ヶ月に1度位になります。
 
いつ入れるの?
 基本的には約10時間装着します。しかし、一日中入れていなくてはいけないものではありませんので、外したい時にはいつでも外せます。睡眠時と昼間3~4時間入れるだけで十分です。
 
治療期間は?
 平均3~4年と考えてください。症例により治療期間は変わります。
 
保定期間は?
 保定期間という考えはありません。装置を装着しなくなった後は良く噛む習慣をつける事によって徐々に本来の噛み易い位置に歯が落ち着いてきます。噛むことの大切さを理解することがこの治療法の基本にあります。
 
●どうすれば治療が早く終わりますか?
 本人の治そうとする意志にかかっています。私達はお手伝いしているのです。あまりあせらないことです。
 
装置を外している時に注意する事はありますか?
 良く噛んで食事をしてください。その人の持つ本来の歯の位置は噛むことによって自然に獲得されていくと言われています。生涯にわたって健康に良い習慣をつけるきっかけ作りになります。
          
          子供の治療症例へ→

 
          大人の治療症例へ→

 
          SH療法と睡眠時無呼吸症について→

 
 
          SH療法と顎関節症について→

 
 
          SH療法セミナー案内→
 
 
          SH療法を行っている歯科医院→
 
  
 

スポンサーサイト

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。